関東の古墳&陵墓研究

関東地方(主に埼玉県や茨城県)の古墳や遺跡、神社仏閣等を見学し紹介してます。 個人的に好きな陵墓関係の記事や書籍も紹介してます。

我孫子市

皆様こんばんは~(^◇^)

本日は我孫子市内で日立精機2号墳と共に、
見学して来ました古墳を紹介します(^^
一応撮り貯めたデータは、今回で終了です。。。
また、見学に行ける機会が出来るまで、
しばらく更新をお休みします(^^

イメージ 1

遠坪(とおつぼ)古墳の全景。
上の写真は南側から撮影した物。
鳥居が墳裾近くに建てられ、墳頂部に祠が祀られてます。

イメージ 2

北側から見た墳丘。
元は一辺30m×高さ3~4m程の規模の方墳だった様ですが、
現在はご覧の様に、周辺を宅地開発されて、
一辺10m×高さ2m程の小さな墳丘が残るのみです。。。

イメージ 3

墳裾に置かれた大きな石材。
南側から。。。

イメージ 4

裏面。。。
この石材は裏面の方に整えた跡が見られるので、
こちら側が石室の内側に当たる面で、
石室の奥壁か側壁に使用されたものだと思われます。
実際、この古墳には大きな石材を使用した、
横穴式石室が有った事が分かっています。

また、この石材と鳥居を挟んだ向い側にも・・・

イメージ 5

先ほどの石材に比べると少し小さいですが、
大きな石材が安置されてます。
コチラは大きさから側壁に使用されたものでしょうか?
この2個以外に石材は見られ無かったので、
後の石材は庭石などに転用されたものと思われます。
また、川原石は数個見られましたが、
葺石などが有った可能性も有るかと。。。

イメージ 6

墳裾から墳頂部を見上げた感じ。
鳥居をくぐって直ぐの場所から撮影しました(^^
落ち葉が大量に堆積していて、
遺物の露出や封土の様子を観察するのは、
困難な状況でした。。。

イメージ 7

墳頂部の様子。
頂部端の北側に小さな祠が祀られてます。
墳丘や周囲は荒廃してしまってますが、
祠に供物が見られたので、付近の住民に、
大切にされているであろうことは分かりました(^^

また、この古墳からの出土遺物は特に伝えられてませんが、
墳丘東側墳裾近くで、土師器杯の底部と見られる破片を見つけました。

イメージ 8

見つけた時の状況。。。
弧線を描く突起が見られるので、
杯の底部であろうと判断しました(^^
他にも数点小片では有りましたが、
土師器片を幾つか樹木の根本等で見られました。

:遠坪古墳(とおつぼこふん):
・墳形:方墳 葺石?
・規模:(元規模)一辺30m×高さ3~4m
    (現状)一辺10m×高さ1.8m
・周堀の有無:有
・埋葬主体部:横穴式石室
・出土品:不明 墳丘東側墳裾で土師器片散見
・築造年代:7世紀代
・史跡の指定区分:市指定史跡
・備考:墳丘南側に鳥居、墳頂部に祠有り
    墳丘南側東西に石室石材と思われる巨石有り
    駐車スペース無し
    JR我孫子駅下車徒歩9分(東方向へ750m)

皆様おはようございま~す(^◇^)

早朝は凄い揺れでしたね(×_×)
新居の有る松戸市は震度4でした。。。
携帯の地震ブザーも鳴らなかったので、
突然の揺れでビックリしました(^^;
・・・鳴っても心臓に悪いブザー音ですが。。。

・・・さて本日は、我孫子市内の古墳を紹介します(^^
まだ未見学の古墳は来月もしくは年明け以降の訪問になるので、
とりあえず撮り貯めておいた古墳を紹介します♪

イメージ 1

日立精機2号墳の遠景。
左手前が前方部で、看板が立っている辺りがくびれ部です(^^
尚、この手前の道路の半分程が周堀の跡となります。
尚、1号墳(前方後円墳)はマンション建設の為消滅してます。

イメージ 2

説明板。
調査が実施されている古墳なので、
金属製の頑丈な説明板が設置されています(^^
7世紀前葉頃の築造とされてますが、
近畿では7世紀代の古墳は円墳や方墳の他、
多角形墳が採用され、精巧な切石を組んだ石室や、
横口式石槨などを持つ古墳が多いですが、
関東では7世紀に入っても前方後円墳が築かれてた事が、
最近の研究で明らかになってます(^^

※ちなみに千葉県市原市の六孫王原古墳(今後見学予定)は、
 前方後方墳ですが、築造年代は7世紀後半です(^^;

イメージ 3

墳丘実測図。
後世の改変を受けており、現在はくびれ部が少なく、
後円部と前方部の高さも50cm程しか差が無いです。
くびれ部に南側に向けて開口する横穴式石室が検出されてます。
横穴式石室は軟質砂岩を使用した両袖型横穴式石室で、
前庭部を持ってます。
尚、この前庭部は調査後道路建設(1枚目の写真)により、
破壊されております。。。

イメージ 4

モノクロですが、検出された横穴式石室の写真。
早くから改変を受けていた為か、
出土品は土師器杯、須恵器杯蓋、杯身のみでした。

イメージ 5

説明板と墳丘の間に設置された模型。
ちゃんと石室も再現されてます(^^

イメージ 6

模型の石室拡大。
落ち葉も掃除してくれてると高評価なのですが。。。(^^;
ちゃんと石組みまで再現してる点は良いですね♪

・・・では墳丘を観察してみましょう♪

イメージ 7

後円部(手前)から前方部を眺めた感じ
裾近くに玉竜が植えられている以外は、
下草も少なく墳丘封土が観察し易いです。

イメージ 8

前方部(手前)から後円部を眺めた感じ。
東側の周堀は見学路になってます。

イメージ 9

後円部頂部から前方部を眺めた感じ。

イメージ 10

後円部頂部の様子。
ドングリなどの木の実、枯葉/枯れ枝くらいしか落ちてません。
ツルツルになった封土は滑り易いので、ご注意下さい(^^:

イメージ 11

くびれ部埋葬主体部埋戻し保存部の様子。
意外に細長い印象を受けました。

イメージ 12

前方部頂部から後円部を眺めた感じ。

イメージ 13

前方部頂部の様子。
コチラも後円部頂部同様、遺物は無し。。。

イメージ 14

北西側(前方部側)から全景。
真横からでは距離が確保できませんでした。。。

イメージ 15

後円部東側の周堀跡

イメージ 16

写真1枚目に写っていた看板には、この様な記載が(^^

イメージ 17

石室開口部及び、前庭部付近。。。
下草に覆われて判然としません。。。
こちらの古墳は常時見学可能ですが、マンション敷地内なので、
住民の方にご迷惑が掛からない様、見学の際はご注意下さい(^^;

:日立精機2号墳(ひたちせいきにごうふん):
・墳形:前方後円墳
・規模:全長30m、後円部径18m×高さ2.5m
    前方部幅23m×高さ2m
・周堀の有無:有 幅5m
・埋葬主体部:軟質砂岩両袖型横穴式石室、前庭部有り
・出土品:土師器杯、須恵器杯蓋、杯身
・築造年代:7世紀前葉
・史跡の指定区分:市指定史跡
・備考:駐車スペース無し(近隣のコインパーキング利用)
    JR我孫子駅下車徒歩10分(西へ750m)
    石室は調査後埋戻し

↑このページのトップヘ