関東の古墳&陵墓研究

関東地方(主に埼玉県や茨城県)の古墳や遺跡、神社仏閣等を見学し紹介してます。 個人的に好きな陵墓関係の記事や書籍も紹介してます。

高崎市

皆様こんにちは~(^◇^)

続きましての古墳はこちら。。。

イメージ 1

後円部斜面に設置された看板が目立ちますが、
古墳好きが注目するのは、最下部の文言ですね(^^
「高崎市指定史跡不動山古墳舟形石棺」
・・・そう、この古墳は舟形石棺(身部のみですが)が、
見学できるのです(^^

イメージ 2

不動山(ふどうやま)古墳
上の写真左側が前方部で、石段の方が後円部です(^^

イメージ 3

後円部裾から前方部を見た感じ。
後円部は墳頂部に不動尊が祀られていたので、
破壊を免れましたが、前方部は昭和30年代に行われた、
土取り工事の為に、元の9m余り有った高さから、
2.5m程まで崩されてしまいました。

イメージ 4

前方部端付近から後円部を見た感じ。
前方部南側は駐車場(月極?)になってます。
古墳見学者用では無さそうなので、
車で見学の場合はご注意下さい(^^;
また、前方部端は民家が接近してます。

また土取り工事で高さは当時よりもだいぶ少なくなりましたが、

イメージ 5

前方部の周囲には土師器と思われる小片の他、

イメージ 6

南側斜面にはご覧のような、突帯がはっきりした、
大きな円筒埴輪の破片が数多く見られました(^^

イメージ 7

前方部頂部の様子。
背の低い草が繁茂していて、
墳丘の様子は分かり難いです(^^;
下草が枯れる時期(晩秋~冬)の見学が良さそうです。

イメージ 8

前方部頂部から後円部を見た感じ。
後円部の高さは10m程有るので、
かなりの高低差を感じます。
また、後円部は樹木が茂っている為、
前方部頂部からの移動は困難で怪我をする恐れが有るので、
一旦地表面に下りてから接近する方がオススメです(^^

イメージ 9

後円部墳裾から見上げた感じ。
後円部も東側の一部が削平を受けてますが、
高さはほぼ築造当時(頂部は堂建築の為多少削られてます)なので、
ちょっとした小山の様な感覚になります(^^;

イメージ 10

石段の途中に設置されている説明板。
墳丘実測図も掲載されているので、
墳丘北側に造出が有る事も分かります(^^
周堀も北側と東側が残存してます。

イメージ 11

後円部頂部から見下ろした感じ。
ちょうど目の前の道路をトラックが通過してますが、
これでおおよその高さがお分かり頂けるかと(^^
後円部の方も登りながら周囲を見回しましたが、
前方部で見られた様な遺物の露出などは見られませんでした。

イメージ 12

後円部頂部中央付近に不動尊の堂が有ります。
舟形石棺はこのお堂を建てる際に出土した模様ですが、
蓋部分はその時に破壊されてしまったのだと思われます。

石棺はこの堂の背後に有ります(^^

イメージ 13

コンクリートで補強された土台の中に、
木製の柵と屋根が設置された上で保管されてます(^^

イメージ 14

駒札の様な看板も設置されてます。
縄掛突起付」と書いてある左横の2行の文字は、
何と書いてあるのか読めませんでした(^^;

イメージ 15

西側から見た刳抜式舟形石棺の身。
太くて大きな縄掛突起が見えますね(^^
石材は色合いと石肌の模様から推測して凝灰岩でしょうか?

イメージ 16

東側から見た感じ。
こちらにも大きな縄掛突起が残ってます(^^
直接埋められていた訳では無く、
竪穴式石室か石槨の中に安置されていたと考えられてます。

イメージ 17

後円部東側の周堀残存部。
幅の広い周堀ですね(^^
この古墳が調査されたのは昭和37~39年に掛けてのみで、
それから現在に至るまで調査は行われて無い模様なので、
再度調査をしたら、新たな発見が有りそうですね(^^
尚、この周堀を撮影した後、造出部分にも廻ってみましたが、
畑地が接近していて近寄れませんでした(^^;
今回は天候の都合で見学できなかった、
もう1基の前方後円墳と併せて、
次回下草の枯れる時期に再訪問して、
造出部分を撮影できれば・・・と思っております(^^

車で見学される方は、観音山古墳駐車場に止めて、
徒歩(観音山古墳からおよそ5分程度)で、
見学された方が良ろしいかと思います(^^
後円部裾の鳥居の前にも止められますが、
未舗装で足場が悪く幅も狭い為、
あまりオススメはできません(^^;

:不動山(ふどうやま)古墳:
・墳形:前方後円墳
・規模:全長全長94m 後円部径54m×高さ10m
    前方部幅55m×高さ9m(現在は2m程)
・周堀の有無:有 東と北側部分残存
・埋葬主体部:凝灰岩製刳貫式舟形石棺(身のみ残存)
・出土品:円筒埴輪、土師器、鉄製鍬先
・築造年代:5世紀後半
・史跡の指定区分:市指定史跡
・備考:観音山古墳駐車場利用または、
    鳥居前(未舗装)に駐車スペース有り(狭い)
    舟型石棺は常時見学可

皆様こんにちは~(^◇^)

久々に古墳見学をして参りましたが、
天気の都合で2基しか見学できなかったので、
後日改めて見学巡りを実施したいと思います(^^

まずは1基目。。。

イメージ 1

綿貫観音山(わたぬきかんのんやま)古墳
観音山という名前の古墳は、全国的に見られるので、
それらと区別する為か、地名を頭に付けて呼ばれてます(^^
上の写真は古墳公園の入口付近から撮影しました(^^
綺麗に芝生が植えられて、大きな周濠も復元されている、
立派な「平成の古墳」です(^^;

イメージ 2

古墳側の覆屋(休憩所)内に設置されている説明板。
石室の規模は現在知られているよりも古い情報なので、
修正して欲しいです(^^;
これによると、古墳時代後期に築かれた2段築成の前方後円墳で、
全長97m、後円部径61m×高さ9.5m、
前方部幅64m×高さ9mで中段部と墳頂部に埴輪列を持ち、
南西に開口する両袖型横穴式石室を持ちます。

イメージ 3

説明板の横には古墳の平面図が有ります。
2重の周濠(外堀)も一部残っている事が分かります(^^
前方部幅が後円部径よりも上回っているのは、
後期型~末期型古墳の特徴ですね(^^

イメージ 4

コチラは後円部墳丘裾に設置されている説明板。
コチラには出土した形象埴輪の種類や、
墳丘のどの位置に立てられていたか等を表示しています。

イメージ 5

コチラがその埴輪位置図。
家型埴輪が前方部と後円部にそれぞれ有るのが面白いですね。

イメージ 6

横から見た墳丘全景。
写真左が前方部、右が後円部です(^^
中段とくびれ部には敷石の他階段が設置されていて、
登り易くなってます(^^

イメージ 7

緑の部分が中堤、写真右側の茶色い部分が内堀で、
写真左に一部写っている茶色部分が外堀です(^^
中堤も中央に板石が敷かれているので歩きやすいです(^^
また所々にベンチが設置されているので、
ゆっくり古墳を眺める事も可能です♪

イメージ 8

幅の広い内堀の様子。
砂利が敷かれているので、歩いて一周することも可能です。

イメージ 9

前方部側から後円部を見た感じ。

イメージ 10

後円部の登り階段から登って、中段から前方部を眺めた感じ。

イメージ 11

前方部頂部から後円部を眺めた感じ。
地表から10m近い高さが有るのと、
周囲にビルが無いので、眺めは良いです(^^

イメージ 12

前方部頂部の様子。
ココにこうして石が敷かれているのは、
墳丘の封土流出を防ぐ以外に何か理由が有るのでしょうか?(^^;

イメージ 13

今度は後円部頂部から前方部を眺めた感じです(^^
風が良く通っていて気持ちよかったです♪

イメージ 14

後円部頂部の様子。
こちらも前方部頂部同様、板石(緑泥片岩)が敷かれてました。

イメージ 15

後円部頂部から見下ろした感じ。
ちなみに、写真左上に写っている木立は、
悪天候の為訪問できなかった古墳(前方後円墳)です(泣

さて、それでは石室見学に。。。

イメージ 16

南西に向かって開口する横穴式石室。
入口は施錠されていて入れませんでしたが、
土日や祝祭日は見学できるとの事なので、
いつかリベンジしたいです。

イメージ 17

開口部の手前に設置されている説明板。
角閃石安山岩を加工してブロック状にした石材を、
積み上げて構築した両袖型横穴式石室で、
天井石は6枚の牛伏砂岩を用いてます。

イメージ 18

石室内部。
少々暗いですが、内部は結構広そうです(^^

イメージ 19

古墳の直ぐ側に公衆トイレと、
大型車(バス専用も有り)も停められる、
広い駐車場が有るので、安心して見学できます(^^

周囲に先ほど少しだけ書いた未訪問の前方後円墳の他に、
小円墳が数基存在する事を、帰宅してから知りました(汗
次回天候が良くて気温も落ち着いた頃に、
再度訪問する予定です(^^

:綿貫観音山(わたぬきかんのんやま)古墳:
・墳形:前方後円墳 2段築成
・規模:全長97m 後円部径61m×高さ9.5m
    前方部幅64m×高さ9m
・周濠の有無:有 二重(外堀一部残存)
・埋葬主体部:角閃石安山岩切石積両袖型横穴式石室
       全長12.5m 羨道長4.25m×羨道幅2.48m
       玄室長8.25m×玄室幅3.85m×奥壁高さ2.68m
・出土品:鏡、大刀、金銅製大帯、銅製水瓶、銅制刀子、
     桂甲、馬具金環、須恵器、冑、円筒埴輪、
     形象埴輪(家、人物、鶏、馬)等多数
・築造年代:6世紀後半
・史跡の指定区分:国指定史跡
・備考:見学者用駐車場、公衆トイレ有り(無料)

皆様こんばんは~(^▽^)
 
保渡田古墳群3基目ラストの登場は・・・、
 
イメージ 1
 
八幡塚古墳の後円部頂上から見える、
お寺の背後に位置してます。
八幡塚古墳からは、車で約3分ほどの近距離にあります。
 
イメージ 2
 
コチラが背後に古墳がある、西光寺の正面です(^^
 
イメージ 4
 
正面からは全体像が掴めないので、裏側に回ってみて、
前方部から後円部方向を撮ってみました。
ちょうどくびれ部の辺りに低い位置に葉が繁る樹木があるせいで、
なかなか全貌が掴めませんが、秋~冬の時期に来ると、
下草も枯れるので、墳形が掴めるかと思います。
 
イメージ 5
 
前置きが長くなってしまいましたが、
ココに築造されている古墳名は、
薬師塚(やくしづか)古墳と言います。
保渡田古墳群で、最後に築造されたと推定される、
全長105mの前方後円墳です。
社殿が建っている側は、前方部の一部が破壊されているので、
先程の裏側から撮った側の方が当時の姿を良く観察できます。
 
イメージ 6
 
説明板が設置されている場所の直ぐ横に、
後円部墳頂に登る石段があります。
尚、前方部も下から撮ろうと思ったのですが、
社殿兼住宅の建物がある為に、撮れませんでした。。。
 
イメージ 7
 
後円部墳頂には社殿が建てられているのですが、
この社殿を建築する際に、墳丘下から出てきた物が、
直ぐ横に作られた覆屋の中に安置されてます。
 
何かと言うと・・・?
 
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
巨大な凝灰岩製の刳り抜き式舟形石棺です。
蓋石は頭部付近はよく残されているものの、
足元部分は、社殿建築の際に破壊されたのか、
破片状になってます。
現在は完全に破壊されている為に見学はできませんが、
当時の文献で、礫で構築された石室内に石棺があったとの記述がある事から、
竪穴式石室内に舟形石棺が安置されていたと推測されています。
出土遺物は、玉類(勾玉・管玉等)、鏡、鋳銅馬具が発掘されていて、
中でも馬具は国指定重要文化財に指定されています。
尚、墳丘斜面には八幡塚古墳や二子山古墳の様に、
葺石が全面に葺かれ、円筒埴輪が樹立していたと考えられています。
何か露出遺物は無いかと墳丘を見て廻りましたが、
繁茂した下草のせいで、何も見つかりませんでした。。。
 
イメージ 11
 
下からは撮れませんでしたが、後円部墳頂から見た、
前方部の様子です。
「前方部から後円部」も撮りたかったのですが、
下草が繁茂していて足元が危険だったので断念。。。
 
車でいらっしゃる方は、西光寺正面横に、
2~3台分の駐車スペースがあるので、
コチラに止めると良いと思います。
脚力に自信のある方は、八幡塚古墳からそう遠くないので、
歩かれても良ろしいかと思います(^^
 
:薬師塚(やくしづか)古墳:
・墳形:前方後円墳 葺石
・規模:全長105m 後円部高さ6m
・周堀の有無:有り 二重
・埋葬主体部:竪穴式石室の中に舟形石棺安置
       現在は舟形石棺のみ見学可能
・出土品:円筒埴輪、鏡、玉類、鋳銅馬具
・築造年代:5世紀末~6世紀初頭
・史跡の指定区分:国指定史跡
・備考:駐車場有り(寺院参拝者用)
    後円部頂部に社殿有り
    石棺は常時見学可

 
それでは。。。Par.2の記事です。
 
イメージ 1
 
後円部端の両脇に地下に下りる階段があります。
一見真っ暗ですが、ちゃんと照明が設置(人感センサー)されてるので、
懐中電灯装備の心配は不要です(^^
 
イメージ 2
 
入って行くとガラス扉が設置され、そこにご覧の様な注意書きが。。。
手すりの中(埋葬主体部保存施設)に入ると、
警報装置が設置されている様で、自動的に通報されますので、
中に入らない様ご注意下さい(^^;
 
イメージ 3
 
入った中には副葬品室を備えた大きな舟形石棺があります(^^
蓋石の大部分が修復されてますが、身の方は発見当時のままの様です。
 
イメージ 4
 
奥の照明が当たらない場所には、
もう半分の石棺蓋石が転がって(安置?放置??)ます。
 
・・・てっきり、この古墳は舟形石棺1基のみだと思っていたのですが、
 
イメージ 5
 
ほとんど破壊されてますが、舟形石棺に寄り添う様にして、
竪穴式石室(竪穴式石槨)が有りました。
少々暗くて見難いですが、石棺横の石積の端に、
金属製のプレートが見える部分に有ります。
また、石棺の周囲にある礫群も当時のままで、
複製では無い様です。
 
イメージ 6
 
前後しますが、コチラが舟形石棺の副葬品室です。
 
イメージ 7
 
ココからは、鎌/やりがんな/鋤先/斧・・・などの農耕具と、
刀子(とうす)と呼ばれる小刀が出土してます。
 
前方部左横に「JA農産物直売所」がありますが、
この直売所の前の細い道を後円部方向に進んで撮ったのが、
Par.1記事に掲載した真横からの写真です(^^
 
ココはドライブがてら、もう1度秋~冬の時期に訪れようと思ってます。
間違って月曜日に行った為に、博物館が閉まっていて、
出土遺物が見れなかったので。。。(^^;
 
:八幡塚(はちまんづか)古墳:
・墳形:前方後円墳 葺石
・規模:周堀を含んだ全長190m 墳丘長96m
・周堀の有無:有り 二重
・埋葬主体部:舟形石棺1、竪穴式石槨1
・出土品:舟形石棺/やりがんな、鎌、鋤先、斧、刀子、桂甲小札
      竪穴式石槨/早くに破壊されていた為不明
      墳丘&周堀/形象埴輪(人物・馬・猪・鹿)、高坏、
                           朝顔形埴輪、円筒埴輪
・築造年代:5世紀後半
・史跡の指定区分:国指定史跡
・備考:駐車場有り(無料)
    出土品は博物館に展示

皆様こんにちは~(^▽^)
 
今回紹介する古墳は、井出二子山古墳に続いて、
築造されたと推定されている前方後円墳で、
3基ある前方後円墳の内、周堀/葺石/樹立していた埴輪群などが、
築造当時そのままに復元してあります。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
墳丘写真の前に、説明板と墳丘の見取り図です(^^
前方部/後円部共に3段築成で、
各段に朝顔形埴輪と円筒埴輪が樹立しており、
墳丘斜面はビッシリと葺石で覆われていた様です。
 
イメージ 6
 
真横から見た八幡塚(はちまんづか)古墳の姿です(^^
直ぐ側に農協関係の土産物店があるのですが、
その近くからだと、綺麗に全体写真が撮れます(^^
 
イメージ 7
 
駐車場がある「かみつけの里博物館」側から撮った、
前方部から後円部臨んだ感じ。
周堀は2重で、外堀の堤上からも埴輪が出たので、
どんな埴輪が出たのか、それぞれも復元してあります。
 
イメージ 8
 
内堤には、堤の両側に20本の円筒埴輪を置き、
1本朝顔形埴輪を置くというパターンだったそうです。
 
また、前方部に近い内堤上には、
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
発掘当時の写真パネルと共に、
出土した順番に埴輪が並べて復元してあります。
前方部側に2箇所(A区、B区)ある内のA区の様子です。
馬型埴輪や水鳥埴輪の他に、鹿や猪の埴輪、
琴を弾く男子や、お供え物を掲げる女子の埴輪など、
非常にバラエティ豊富で、
コレだけでも見る価値は十分あるかと思います。
 
イメージ 11
 
前回の井出二子山古墳にも有った中島状遺構ですが、
コチラの八幡塚古墳にも4基の中島状遺構があり、
樹立していた円筒埴輪群や葺石も復元してあります。
上に登る事はできないので・・・、
 
イメージ 12
 
墳丘に登って上から見てみたのがコチラです。
 
イメージ 13
 
・・・では、墳丘の方に登ってみましょう♪
全長は102mと群中2番目の大きさを誇ります。
全体が葺石で覆われているので、
ピラミッドを見てるかの様な感じがします(^^;
 
イメージ 3
 
前方部頂部から後円部を臨む。
 井出二子山古墳同様、
頂部はコンクリートで固められているので、少々味気無いです(^^;
雑草処理が面倒でも、この部分だけは土面にして欲しかったです。
 
イメージ 4
 
後円部頂部より前方部を臨む。
 
また、ココからそう遠くない、高崎市三ツ寺という地で、
昭和63年に上越新幹線の工事に伴って発掘された
三ツ寺(みつでら)遺跡という、
5世紀後半~6世紀初期頃の豪族の居館群跡(2キロ四方に及ぶ広さ)が、
全国で初めて発掘されてます。
この3基の大型前方後円墳に埋葬された人物は、
この居館群に居住していた豪族達とその家族だと推定されてます。
 
イメージ 5
 
ココで容量が一杯になってしまったので、
後円部内に作られた埋葬主体部復元施設の様子は、
パート2記事で紹介したいと思います(^^

↑このページのトップヘ