関東の古墳&陵墓研究

関東地方(主に埼玉県や茨城県)の古墳や遺跡、神社仏閣等を見学し紹介してます。 個人的に好きな陵墓関係の記事や書籍も紹介してます。

2016年12月

皆様こんにちは~(^◇^)

今年も残すところ、あと3日となりましたが、
如何お過ごしでしょうか?(^^
本日は仕事納めでした(^^

今日のネタは先週松戸に行った際に、
行ってみた場所の紹介です(^^

イメージ 1

21世紀の森公園内にあり、
松戸市立博物館の敷地内に、
森の工芸館という施設が有るのですが、
ココに、貝の花貝塚の集落を再現(ほんの一部)した、
コーナーが有るので、早速行ってみました(^^

イメージ 2

「縄文の森」と書かれた看板が有ります(^^
ココは公園から行けますが、松戸市立博物館のロビーを、
通り抜ける方法でも行けます。
ただし、博物館を通り抜けるには、
開館時間まで待たないといけませんので、
ご注意下さい(^^;

イメージ 3

実物と同じ茅葺きの竪穴式住居が、
3棟建てられており、その内1軒は、
内部に入れるようになってます。

イメージ 4

こちらの住居が内部に入れる体験住居です(^^
博物館に最も近い場所に建てられてます。

イメージ 5

少し狭いですが、内部に入ってみました(^^

イメージ 6

中では博物館の職員の方が焚火を焚いており、
この住居群の元になっている貝の花貝塚について、
詳細に説明して頂けます(^^
また、暗くて撮影はできませんでしたが、
石皿と石臼なども置いてあり、
公園内で採取したドングリなどの木の実を、
縄文時代に行っていた様に、道具を使って、
磨り潰す作業などが体験できるようになってます(^^

イメージ 7

内側から見た天井は意外に高さが有り、
焚火のお蔭で非常に暖かいです(^^
結構煙たいので、マスク着用必須です(^^;

イメージ 8

イメージ 9

竪穴式住居の構造図が掲示されてます(^^

イメージ 10

貝の花貝塚(前回紹介済)の位置を示した地図も掲載(^^
椅子などは置かれて無いので、石皿を使った体験などを行う際には、
土の床に直接座る事になるので、体験時は汚れても良い恰好で、
行くと良いです(^^

縄文の森は森の工芸館と博物館の間に有ります(^^
尚、詳細な発掘調査は行われていないため、
縄文土器以外の出土遺物は知られてませんが、
博物館や縄文の森が有る一帯は、
小高い自然丘陵となっている為、
期間と資金を掛けてじっくり発掘調査を行えば、
貝の花貝塚の様な集落跡が出てくるのではないかと、
思っております(^^

皆様こんばんは~(^◇^)

本日は松戸市内に有る、コチラの史跡を紹介します(^^

イメージ 1

貝の花遺跡の標柱

イメージ 2

標柱に記載された説明書き。
発掘調査により、縄文時代中期~晩期にかけて成立した、
馬蹄形状の貝塚及び竪穴式住居跡群が見つかってます。

イメージ 3

標柱が立てられている所は、現在貝の花公園として、
昭和46年4月に整備されてます(^^

イメージ 4

公園の全景。
公園内に造られている前方後円墳状の盛土は、
古墳でも何でも無い只の盛土です(^^;
紛らわしいですが、遺跡自体は縄文時代の物なので、
何故この様な盛土を整備したのかは謎です(^^;
事前予備知識無しでココに辿り着いた時に、
この盛土を見てビックリしてしまいました(^^;

イメージ 5

44番の部分が該当部分となります。
尚、標柱は公園に有りますが、
微妙に遺跡の範囲からはズレた所に公園が有ります(^^;
遺跡の大部分は団地と小学校建設で破壊されており、
出土品などは松戸市立博物館にて展示&見学できますが、
検出された住居跡などは見れません。。。

イメージ 6

盛土の頂上にはこの遺跡から出土した土偶を象った、
大きな像が設置されてます(^^
長年の風雨にさらされたせいか、黒く変色してしまっていて、
少々不気味な印象を受けました(^^;

イメージ 7

像の基壇部分には『貝の花貝塚跡』と刻まれた、
銅製のプレートが嵌め込まれていて、
また、別の基壇面には。。。

イメージ 8

同じく銅製プレートで遺跡の概要が刻まれてます。
駐車場は近辺には有りませんが、
道幅は広めで、路駐車も多く見られたので、
短時間の駐車であれば、問題無さそうです(^^
・・・が、公園の南側は保育園も有るので、
車での見学の際は十分お気を付け下さい。

:貝の花遺跡(かいのはないせき):
・成立年代:縄文時代中期~晩期
・形態:貝塚(馬蹄形)
・調査年:1930年、1964~65年
・検出物:竪穴式住居跡
・出土品:人骨51体、土器(加曾利式など)、
     石器、骨角器、貝器、土偶、土製耳飾、有孔土製品
     魚類の骨など
・史跡の指定区分:市指定史跡
・備考:調査後団地造成の為破壊。
    出土品は松戸市立博物館などで展示
    松戸市立貝の花小学校西隣の貝の花公園が該当場所
    駐車スペース無し
    駅は遠い為公共交通機関利用がオススメ

皆様おはようございま~す(^◇^)

一気に寒くなりましたが、如何お過ごしでしょうか?
先週は古墳巡りに行く時間は無かったので、
近所の史跡散策や、21世紀の森公園にウォーキングに行くついでに、
博物館見学などをしてました(^^
本日は松戸市内に有ります、
江戸時代の陣屋跡を紹介します(^^

イメージ 1

公園に設置されている説明板
上記公園はスポーツグッズ店の裏側に有ります(^^
現在(諸事情で週の半分のみ住んでます)家から、
最も近い史跡だったりします(^^;

イメージ 2

標柱

イメージ 3

標柱横に書かれた説明文

普通、説明板の近くに標柱も有るハズですが、
標柱はこの説明板が設置されている公園から、
およそ200m近く離れたマンションの麓に立てられてます(^^;

イメージ 4

松戸市埋蔵文化財分布図の73番が該当部分です(^^
ちなみに、74番は縄文時代中期頃の貝塚、
75番は中近世の塚の跡ですが、
どちらも宅地開発されてしまっており、
当時を偲ぶ様な物は一切残っておりません。。。

:金ヶ作陣屋跡(かながさくじんやあと):
・成立年代:江戸時代
・形態:陣屋跡
・出土遺物:無し(出土品記載無し)
・史跡の指定区分:市指定史跡
・備考:公園内に説明板、道路沿いに標柱有り
    見学可能な遺構などは無し

↑このページのトップヘ