関東の古墳&陵墓研究

関東地方(主に埼玉県や茨城県)の古墳や遺跡、神社仏閣等を見学し紹介してます。 個人的に好きな陵墓関係の記事や書籍も紹介してます。

2014年11月

皆様おはようございま~す(^◇^)
 
34陵墓目はコチラ。。。
 
イメージ 1
 
永悟親王墓之圖
 
イメージ 2
 
陵墓部分拡大。
前回の道寛親王墓同様、
方形柵に囲まれた中に無縫塔が建てられてます。
後程掲載しますが、道寛親王墓や弘文天皇陵から、
ほど近い場所に営まれてます。
 
永悟親王
・読み:エイゴシンノウ
・生没年:万治2(1659)年~延宝4(1676)年
・続柄:(父)後西天皇
10歳で親王宣下を受け、同年の内に円満院にて出家。
円満院門跡を継承し、園城寺長吏等を務めた。
享年17歳。
 
イメージ 3
 
制札と陵墓全景。
石柵や石垣では無く、簡素な囲いと門扉が設置されてます。
 
イメージ 4
 
門扉の奥に有る陵墓(無縫塔)と被葬者を示す石柱。
 
:永悟親王墓:
・測量年:昭和4年
・原図縮尺:1/100
・所在地:滋賀県大津市園城寺町 三井寺北院
     円満院墓地
・陵墓の形態:無縫塔
・面積:366㎡
・続柄:(父)後西天皇

皆様こんにちは~(^◇^)
 
33陵墓目はコチラ。。。
 
イメージ 1
 
道寛親王墓之圖
 
イメージ 2
 
陵墓部分拡大。
方形に区画された中に、無縫塔が有ります。
 
道寛親王
・読み:どうかんしんのう
・生没年:正保4(1647)年~延宝4(1676)年
・俗名:嘉遐親王
・続柄:(父)後水尾天皇
9歳で親王宣下を受け、翌年に聖護院門跡の道晃親王の受戒を受けて出家。
19歳で一身阿闍梨となり園城寺長吏を務めた。
享年30歳
 
イメージ 3
 
陵墓全景。
門扉の脇に小さめな制札が建てられてます。
 
イメージ 4
 
墓石拡大。
僧侶に多く見られるタイプ(無縫塔)の墓石。
 
:道寛親王墓:
・測量年:昭和4年
・原図縮尺:1/100
・所在地:滋賀県大津市園城寺町 三井寺中院
     聖護院宮墓地
・陵墓の形態:無縫塔
・面積:41㎡
・続柄:(父)後水尾天皇

皆様こんばんは~(^◇^)
 
32陵墓目は、地形図集成初の天皇陵となる、
こちらの陵墓です(^^
 
イメージ 1
 
弘文天皇長等山前陵之圖
天皇陵というからには初代である、
神武天皇陵からだと思ってましたが、
地形図集成では、近畿以外の県にある、
弘文天皇の陵墓からとなってます。
 
イメージ 2
 
陵墓部分拡大。
墳丘の周囲に円形の空堀を巡らせる、
形の整った直径20m×4m程の円丘です。
考古学名は園城寺亀丘古墳と呼ばれてます(^^
 
「亀」という字が付く古墳は、
全国的に見られますが、亀の甲羅の様に、
やや楕円形状を呈する事から呼ばれる様になったのだと、
推測されます。
 
イメージ 3
 
ネットで検索掛けたら出てきた、
弘文天皇と思われる肖像画。
大化の改新の時代に生きた人物なので、
完全に想像上の顔だと思いますが(^^;
 
弘文天皇
・生没年:大化4(648)年~天武天皇元年(672)年
・即位前の表記:大友皇子
・続柄:(父)天智天皇
天皇後継者として統治したが壬申の乱において、
叔父・大海人皇子に敗北し自害する。
陵墓は滋賀県大津市御陵町にある、
長等山前陵(ながらのやまさきのみささぎ)に、
治定されている。
公式形式は円丘。考古学名は園城寺亀丘古墳。
天智天皇10年の先帝・天智天皇崩御から壬申の乱による、
敗死までの治世が約半年と短かったため、
即位に関連する儀式を行う事が出来なかったため、
歴代天皇とみなされていなかったが、
明治3年になって弘文天皇と追号された。
 
イメージ 4
 
制札
 
イメージ 5
 
陵墓近景(拝所付近)。
鳥居の奥に背の高い生垣が有って、
内部の様子が見れない様になってます。
宮内庁に言わせれば「静謐であり侵すべからず」なので、
目隠し的な意味合いも有るかと思われますが、
せめて拝所の外からだけでも、
墳丘の姿を拝ませて貰いたいと思うのですが。。。
 
イメージ 6
 
生垣越しに撮影したであろう、
内部にある墳丘の写真画像。
杉や松等の太い幹の間に、
こんもりとした墳丘の姿が見えますね(^^
 
:弘文天皇 長等山前陵:
・測量年:昭和4年
・原図縮尺:1/500
・所在地:滋賀県大津市御陵町
・陵墓の形態:円丘
・面積:11121㎡
・考古学的名称:園城寺亀丘古墳(市指定史跡)
・続柄:(父)天智天皇

皆様こんばんは~(^◇^)
 
31陵墓目はコチラ。。。
 
イメージ 1
 
隆子女王墓之圖
 
イメージ 2
 
陵墓部分拡大。
陵墓を取り囲む生垣は八角形状ですが、
陵墓自体は円丘です(^^
高さは等高線の数から推測して、
4m(一番下は土壇or空堀でしょうか?)程だと思われます。
 
隆子女王(斎宮)
・読み:たかこじょおう
・生没年:生年不詳~天延2(974年)
・続柄:醍醐天皇皇孫
円融天皇の斎宮として安和2年にト定される。
天禄元年に主水司へ初斎院入りするが、同年野宮に遷る。
天禄2年に伊勢へ群行。3年後の天延2年に、
当時流行していた疱瘡の為斎宮寮にて薨去。
飛鳥時代以降、伊勢で在任中に薨じた最初の斎宮。
現在宮内庁により治定されている陵墓の近くに斎宮跡が有る。
 
※斎宮(さいぐう/さいくう/いつきのみや/いわいのみや)
古代から南北朝時代にかけて、伊勢神宮に奉仕した斎王の御所であるが、
平安時代以降は賀茂神社の斎王(斎院)と区別するため、斎王の事も指した。
斎宮の起こりは『日本書記』崇神天皇紀によれば、
崇神天皇が皇女豊鍬入姫命に命じて宮中に祭られていた、
天照大神を大和国の笠縫邑に祭らせたとあり、
これが斎王(斎宮)の始まりとされる。
用明天皇朝を契機に一時途絶えたが、天武天皇の時代に、
正式に制度として確立し、以後は天皇の代替わり毎に必ず新しい斎王が選ばれ、
南北朝時代まで続く制度となった。

イメージ 3
 
制札
 
イメージ 4
 
参道から見た陵墓の様子。
祖父にあたる醍醐天皇の陵墓も参道が長いですが、
それに倣ったのでしょうか?
 
イメージ 5
 
陵墓全景。
 
:隆子女王墓:
・測量年:昭和4年
・原図縮尺:1/250
・所在地:三重県多気郡明和町大字馬之上
・陵墓の形態:円丘
・面積:1517㎡
・続柄:(祖父)醍醐天皇

皆様こんにちは~(^◇^)
 
31陵墓目はコチラ。。。
 
イメージ 1
 
息速別命墓之圖
 
イメージ 2
 
陵墓部分拡大。
最初見たときは方丘かと思いましたが、
陵墓地形図集成には墳形が不明瞭な事である、
「山形」と記載されてます。
 
息速別命
・読み:いきはやわけのみこと
・生没年不詳
・続柄:(父)垂仁天皇
垂仁天皇の第11皇子。
表記が文書によって4種有り、
・『古事記』伊許婆夜和気命(いこばやわけ)
・『日本書記』池速別命(いけはやわけ)
・『日本三代実録』息速別命(いきはやわけ)
・『続日本紀』息速別皇子(いきはやわけ)
『古事記』『日本書記』には事績に関する記載は無い。
『新撰姓氏録』によれば、幼少の時に父天皇により伊賀国阿保村(あお)、
現・三重県伊賀市阿保周辺に命のための宮室が築かれ、
同村を封邑として授けられたという。
墓は公式形式は山形。考古学名は「西法華寺古墳」で、
約35mの方墳とされる。
明治9年に宮内庁により公式墓に治定され、
現在は「阿保(あお)親王墓」とも通称される。
伊賀一帯で唯一円筒埴輪を伴う古墳として知られており、
築造年代は古墳時代後期初めの6世紀初期前後と推定されている。
 
イメージ 3
 
制札
 
イメージ 4
 
陵墓全景。
田園地帯にポツンとあるので、
結構目立つ&見つけ易そうだと思いました(^^
 
イメージ 5
 
拝所付近。
天皇・皇后陵と違って、
鳥居の前に拝所と鉄扉が無いタイプなので、
見学はし易いと思います(^^

:息速別命墓:
・測量年:昭和4年
・原図縮尺:1/300
・所在地:三重県伊賀市阿保
・面積:2695㎡
・陵墓の形態:山形(地形図集成記載)
・考古学的名称:西法華寺古墳(市指定史跡)
・墳丘の形状:方墳
・規模:一辺35m
・出土品:円筒埴輪
・築造年代:6世紀初期前後
・続柄:(父)垂仁天皇
・備考:古墳の築造年代と治定されている人物の年代が合わない上、
    垂仁天皇も実在性が疑われる為、豪族の墓とされている

↑このページのトップヘ